駐車場で大活躍する防犯カメラの選び方を伝授します

駐車場で大活躍する防犯カメラの選び方を伝授します

防犯カメラと作業員

重要な証拠となる

防犯カメラの解析で、当て逃げ犯や車上荒らしの犯人を特定できた事例は数多くあります。特に当て逃げの場合は、事件解決に至らず泣き寝入りする傾向にありますが、駐車場内に防犯カメラを設置することでそれがなくなります。当て逃げの場合は、ぶつけたことに気づかずいってしまうケース、当たったことを認識しているにも関わらず逃げるケースなどがあります。後者の場合、物的証拠がないと警察は動いてくれないので、尚更駐車場内に防犯カメラを設置しなければなりません。

防犯カメラの設置方法

ケーブルを使って設置する場合、各種ケーブルとレコーダー、モニターの準備が必要です。取り付け金具の部分にケーブルがあるので、完全に隠した状態で設置可能です。別の方法では、天井や壁内にコードを這わせることができます。工事負担を減らすなら、アダプタや電源入力、映像出力のコードを差し込むだけで完了する防犯カメラがおすすめです。

広告募集中